[PR]

 A.B.C―Zの冠番組「ABChanZoo」(テレビ東京系)の企画「ジャニマネ・レストラン」に審査員として2週にわたって、出演させていただきました。

 ジャニーズのモノマネといえば、モノマネ芸人がその腕を競う特番で優勝した兄弟コンビ、ジャガーズが有名。ジャニーズJr.に着目したモノマネの数々は、ファンのみなさんはもちろん、ジャニーズJr.を経てデビューをしたアーティストのみなさんも、「ある、ある」と大盛り上がりしてしまうネタでしょう。

 「でも、もっともっと、いらしたんですね。びっくりしました、こんなにたくさん呼ぶなよって(笑)」とは、今回の企画立案者で、ジャニーズの中でもっともモノマネ上手な河合郁人くんでした。

 自身が出演していない番組の細かいところまでチェックし、芸人さんをリスペクトしている河合くんは「みなさんの安定感がすごかった。芸人さんっていうフィールドを踏みながら、ちゃんとモノマネにもなっている」と今回も尊敬のまなざしで振り返ってくれました。

 でも「メインが完全に芸人さんだったので、これ、俺たちの番組でやらなくてもよかった」と苦笑。オーディションに参加してくれて、今回が初めてのテレビ出演だったという芸人さんもいらしたことには「いい場所、俺が作っちゃった」と言いながらも満足げでした。

 私もバラエティー班の放送作家として、お笑い芸人さんはベテランから新人まで、よく知っていたつもりだったのですが、こんなにも多くの芸人さんが“ジャニーズ”をモノマネのレパートリーにしているとは知りませんでした。

 しかも、振りマネはもちろん、歌マネ、顔マネから、バラエティー番組の本番中や、打ち合わせ中、スタジオ入りやハケていくときの様子まで……、正統派なものから“珍味”まで、しっかり満喫させていただきました。

 「ちゃんとゴールが見えたので、いままででいちばんおもしろかった」と絶賛したのは橋本良亮くん。同番組は、これまでずっとロケで、いわく着地点がよくわからないときが多かったのだとか。審査員として爆笑したり、「これ、ダメなやつ」とハッキリ感想を漏らしたり、リアクションがすぐストレートに顔に出る彼は審査員向きと拝見しました。

 グループの中で、いまもっともバラエティー番組から引っ張りだこなのは塚田僚一くん。「塚ちゃん」の名前は、バラエティー班ならもう誰でも知っているし、私が出演している「ドデスカ!」のメ~テレが4月にスタートした土曜朝の情報番組「デルサタ」のチーフディレクターが「ぜひ出演していただきたい」と指名したのも塚田くんでした。

 実は塚田くんは、「ドデスカ!…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら