[PR]

 茨城県龍ケ崎市の牛久沼でルアー(疑似餌)の針がくちばしに刺さったコブハクチョウがいる。市はこのコブハクチョウの保護を進めるとともに、釣り人のマナーの徹底を呼びかけている。

 写真を撮影した女性によると、ルアーの針はくちばしを貫通しており、口が開けられず、エサが食べられない状態だという。「あまりにかわいそうな姿。釣り人のみなさんに見てほしい」

 牛久沼はブラックバス釣りの人気スポット。市によると、釣り人がアシに絡まったルアーを放置し、ハクチョウにルアーが引っかかったり、釣り糸がからまったりする事故が後を絶たないという。