[PR]

 大阪湾にある廃棄物と土砂の埋め立て処分地(堺市西区)に10年間で134種の鳥が飛来していたことが、日本野鳥の会の調査で分かった。鳥が運んだ多様な植物が自生し、幅広い種が生息しやすい環境が生まれたとみられる。これまで確認できた猛禽(もうきん)類チュウヒなどは太陽光パネルの設置後は繁殖しないなど、新たな課題も見えてきた。

 この処分地は1974~2006年、約5千万トンの廃棄物と土砂で海を埋めて造成した。阪神甲子園球場の約70倍の広さがあり、3カ所の管理池や標高約25メートルの山、森や草原もある。府が管理し、敷地の9割は許可がないと入れない。

 日本野鳥の会大阪支部(大阪市)は06年から調査を開始。府の許可を得て17日も、メンバー6人で野鳥を観察し、ミサゴなど28種類の野鳥を確認した。

 同会の08年までの調査では、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら