[PR]

 下松市立久保小学校(大田典子校長、302人)の児童たちが17日、来巻(くるまき)地区にある市農業公園で、特産の「来巻にんにく」の収穫を体験した。

 地元特産品への理解を深めようと、毎年9月に苗を植え、5月に収穫している。児童たちは、公園を管理する担当者から説明を受けた後、土の中から次々と引き抜いた。「くさいけど楽しい」「ニンニクパーティーしたい」などと声をあげ、楽しんでいた。(三沢敦)