[PR]

 福島県いわき市の建設会社の敷地の土中から16日夜、成人男性の遺体が見つかり、県警は17日、この建設会社の社長、日向寺大蔵容疑者(35)=いわき市平中神谷=と従業員や元従業員計6人を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。県警は、男性の身元を同社に勤務し、昨年秋から行方不明の40代の除染作業員とみて確認を進めている。

 捜査1課などによると、日向寺容疑者らは昨年9月上旬ごろ、いわき市久之浜町にある建設会社の土砂採取場に遺体を遺棄した疑いがある。日向寺容疑者は容疑を否認しているという。県警は、男性が殺害されたという情報があるとして、殺人容疑も視野に捜査する。

 男性の家族が昨年秋、行方不明者届を出していた。県警は作業員の知人や勤務先の関係者ら数十人から事情を聴き、15日から建設会社の敷地で捜索。16日午後9時半ごろ、シートに包まれた成人男性の遺体が見つかった。司法解剖の結果、死因は頭蓋(ずがい)内損傷とみられるという。遺体の顔や体には複数の傷があったという。

 登記簿などによると、日向寺容疑者が経営する建設会社は建築工事のほか、土壌の除染作業なども請け負っていた。