[PR]

 「ノンフィクション冬の時代」と言われるなか、ネットで賛同者の寄付を募る「クラウドファンディング(CF)」で、ノンフィクションの取材費を集める試みが始まっている。十分な取材費や原稿料を出せなくなった出版社に代わって、手間ひまのかかる報道の現場を広く一般に支えてもらおうとの狙いだ。

 取り組んでいるのは、講談社編集者で、ニューヨーク市立大ジャーナリズムスクールに特別研究員として留学中の石井克尚さん(35)。

 社の事業ではなく個人の実験として「REPOSEED(レポシード)」と題したプロジェクトを開始。第1弾として、犯罪被害者の問題など50冊以上の著書があるノンフィクションライター、藤井誠二さん(50)の「沖縄アンダーグラウンド」の取材費を、CFサイト「キャンプファイヤー」で募集している。「浄化」運動で消えた売春街を通じて、米軍基地問題にもつながる戦後史を浮かび上がらせる作品だ。

 冒頭部分を無料で公開(htt…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら