[PR]

 地震被害を受ける前の熊本県で撮影された短編映画「うつくしいひと」のチャリティー上映会が17日、東京・有楽町マリオンであった。熊本出身の行定勲監督や出演者らがトークショーを開き、募金箱を手に来場者に支援を呼びかけた。

 「うつくしいひと」は熊本出身の俳優、橋本愛さんや高良健吾さん、石田えりさん、米村亮太朗さん、政治学者の姜尚中さんらが出演するオール熊本ロケの約40分の作品。行定監督が地元自治体などと製作実行委員会を立ち上げ、被災前の熊本城や熊本市街、阿蘇などで撮影された。今年1月に完成。一般公開を前に地震が発生した。

 行定監督は「まだ明るい未来が見えない今こそ、映画を見せる時だと思った。熊本に本来ある美しさと情緒を感じてもらえれば」。高良さんは「この経験を、これからの熊本に生かしていかなければと感じた」と話した。

 上映後のトークショーでは、熊本県のキャラクターで営業部長の「くまモン」も会場を盛り上げた。

     ◇

 この日、会場で集まった募金の総額は82万5522円。朝日新聞厚生文化事業団が預かり日本赤十字社を通じて被災地の復興や支援に役立てる。