[PR]

 東日本大震災で家族を亡くした子どもたち44人がこの春、米国ハワイ州のキャンプに参加した。津波への恐怖から遠ざけてきた海に囲まれ、悲しみと向き合う子どもたち。キャンプに同行し、グリーフ(悲嘆)ケアについて考えてみた。

話さなかった体験を公表

 ハワイ・オアフ島西部。太陽に輝く海で、水着の子どもたちが歓声を上げた。

 多くの子どもたちは震災後、海に近づけなかった。不安そうに砂浜で眺めていた岩手県山田町出身の福士結衣さん(19)は、津波で母を亡くしてから海が怖くて洗面器に顔をつけることもできなくなった。それでもほかの参加者4人とカヌーに乗り、数メートルこぎ出すと、笑顔になった。

 「すてきな海に一歩だけ近づけて良かった」

 キャンプは「震災で大切な人を失った18歳以下」を対象に朝日新聞厚生文化事業団が企画し、定員30人に124人が応募。親を亡くした孤児と遺児を優先して小学生から高校生までの44人を選び、3月下旬に現地3泊の日程で実施した。

 2日目の夜。亡くなった家族の思い出を共有する「トークタイム」が設けられた。年齢や性別で班にわかれ、車座になって1時間。話したくなければパスできるルールだ。

 男子中学生の班。「家ではいつも席が一つ空いている」と吐き出したり、「友だち同士で家族の話が出ると、自分は話したくなく避けている」と漏らしたり。ある孤児は、父が津波にのまれながら自分の名前を叫んだ場面を語り、「引き取られた親戚に虐待されて家出した」と明かした。

 海遊びで大勢の輪に加わらなかった女子小中学生の班でも、全員が震災時の様子を思い出しつつ懸命に語った。涙ながらに話した子も、終わればすっきりした表情で遊び始めた。一方、自分の番が来ると泣きながらパスする遺児もいた。

 宮城県東松島市の郷古梨沙(ごうこりさ)さん(18)は、この春の高校卒業を機に同じ境遇の人と会いたくて参加。学校の中では弟を亡くしたことを話していない。このことが弟に申し訳なく、泣くのを我慢してきたが、参加者と一緒に泣きながら弟との思い出を語った。

 「自分の体験や思いを周りに話すのは勇気がいる。話す時間が持てたのはすごい。同じ傷を抱える仲間が一人で苦しまないよう、いつか私も支えたい」

気持ちはき出してケア

 キャンプを受け入れたのは、地元のNPO団体「キッズ・ハート・トゥー・ハワイ」。代表のシンシア・ホワイトさん(61)は児童福祉の専門家で、30年以上前から親と死別・離別した子どもの支援活動をしている。ソーシャルワーカーで夫の伊藤ヒロさん(49)と延べ3千人にかかわり、東日本大震災以降は宮城県東松島市などを訪問。悲嘆を抱える子どもを支えるグリーフワークを催している。

 今回のキャンプでは海遊びのほか、ハワイに生息する木のかけらをやすりで削るアクセサリーづくりやシャボン玉遊び、フラダンス講習などを実施。親との死別・離別を経験した地元在住の子ども約20人を招き、自由時間に交流させた。

 ホワイトさんは「感情を上手に表せない子どもたちの場合、安心した環境で言葉や行動で伝えられるよう大人が支える必要がある。喪失体験と向き合い、自分の強さに気づくなかで、悲嘆は生きる力に変わっていく」と指摘する。

 キャンプの募集時には「流れ星への願い」の題で作文の提出を求めた。両親と祖母を失った男子中学生は「何の遠慮もなく、わがままや不満を言って甘えたり叱られたり、けんかしたりした家族を失った。『頑張らなければ』と思い、自分の気持ちを素直に表現することが難しくなった」と記した。同じ境遇の子どもが集まったことで、封印していた気持ちをさらけ出して共有できた。こうした過程が悲嘆を受け入れることにつながるようだ。

 1995年の阪神大震災以降、家族と死別した人たちの心のケアに携わる上智大グリーフケア研究所特任所長の高木慶子さん(79)は「悲しみを絵で描かせるケアもあるけれど、かえって心を閉ざすことがある。子どもは遊ばせるのが一番で、『楽しかった!』で十分。安心して信頼できる関係性が築ければ、いつか気持ちを吐き出してもらえるようになる」と話す。(高橋美佐子)

■■キャンプに参加した子どもたちが応募時に書いた作文(抜粋)■■■

●時を戻せるのなら私が弟を守ってあげたい。あの日の朝、熱がありダルそうにしていた弟に家で休んでと言ってあげたい。朝に言った「死ね」を取り消したい。(宮城県・郷古梨沙さん 18歳)

 

●(被災前に仲良しだった友だちから)「またすぐ会えるから」とメールがくるたびドキッとする。もう会えなくなってしまわないかと、不安になるから。(岩手県・熊谷海音(かのん)さん 12歳=両親と姉が他界)

 

●「どうして。なぜ私がお父さんを失わなければならないの」。お父さんは星になって、月になってかがやいていると思うしかなかった。お父さんのそばにいきたいと思った時もありました。(宮城県・女子中学生 12歳)

 

<アピタル:東日本大震災・震災5年へ>

http://www.asahi.com/apital/special/shinsai/