【動画】1981年から稼働している現在のEISCAT。70~1500キロ上空の大気やオーロラを観測してきた=中山由美撮影
[PR]

 地上約2千キロまでの高層大気や宇宙を北極圏から探る世界最大級のレーダー建設計画が、欧州と日本の協力で動き出す。オーロラや地球温暖化の研究とともに注目されるのは、人工衛星を太陽の活動や宇宙ゴミから守ることだ。2022年からの本格運用を目指している。

 計画されているのは「EISCAT(欧州非干渉散乱=アイスキャット) 3Dレーダー」。ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北極圏の5カ所それぞれに約1万本のアンテナをたて、超大型レーダーを構成する。太陽活動が地球大気へ及ぼす影響やオーロラが生まれる仕組みなどを観測する。日本はレーダーの心臓部にあたる送信機を担う方針で今年度、研究開発予算がついた。ノルウェー北部で今年、実証システムの建設が始まる。

 現在運用中のEISCATは独仏英と北欧が1981年に稼働を始め、70~1500キロ上空の大気やオーロラを観測してきた。日本も96年に参加。国立極地研究所は300キロ上空の大気が30年間で約40度も冷えたことを明らかにした。

 フィンランドの研究チームは2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース