[PR]

 博多湾に浮かぶ福岡市東区の人工島(アイランドシティ)で2月、九州最大の取引量を誇る新青果市場が開場し、取引が始まった。

 かんしょやキャベツ、大根、白菜、イチゴ……。真新しい倉庫から野菜や果物が入った段ボール箱がフォークリフトで次々と運び出され、トレーラーに載ったコンテナに詰め込まれた。

 箱には「輸出」と書かれたシール。コンテナは博多港で船に積み込まれる。向かう先は香港だ。数日後に荷揚げされ、スーパーの売り場に並ぶ。

 輸出を担うのは、昨夏に設立された九州農水産物直販(福岡市)。九州の農産物輸出を拡大しようと、地元財界の九州経済連合会が主導し、JA宮崎経済連やJR九州などが出資して発足した輸出商社だ。羽田正治社長は「国内の人口が減る中で農業を持続させるには海外への輸出が不可欠。アジアに近い地の利がある九州は、アジアの食料庫にもなれる」と意気込む。

 香港のスーパーと契約し、昨秋に輸出を始めた。博多港から週に1便ほどのペースで香港へ運び、「九州市場直送」の看板を掲げた青果売り場の常設コーナーで約30品目を売る。

 韓国産やマレーシア産の安い野菜も並ぶなか、九州産は品質が良く、果物やかんしょ、ホウレン草などは仕入れるたびに売り切れる人気という。4店舗で始めたが、現在は16店舗に拡大。今秋にはシンガポールへの輸出も予定する。

 人気の理由は、品質だけではない。手ごろな価格が受けている。

 傷みやすい葉物野菜や果物を輸出するには、短時間で運べる航空便を使うしかなかった。運賃が船便の約10~30倍と高く、店頭価格も高くなるのが難点で、販路はこれまで富裕層向けに限られていた。「輸出拡大にはボリュームゾーンの中間層が手の届く値段にする必要があり、運賃を抑えられる船便を使うことを考えた」と羽田社長は話す。

 青果物は、収穫後も酸素を吸って二酸化炭素を吐き出す「呼吸」を続ける。その際に糖分が失われ、時間の経過とともに品質が落ちる。どうすれば、時間がかかる船便でも鮮度を落とさず運べるか――。仕入れや輸送を任されている卸売会社の福岡大同青果(福岡市)は、海運大手の日本郵船(東京)に相談した。

 同社は青い状態のアボカドやバナナを船便で運ぶのに使われる「CAコンテナ」に着目した。

 通常の冷凍コンテナに、室内の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら