[PR]

 消費者庁は18日、事業者から報告があったリコール対象製品による火災などの重大事故が2015年度に100件あったと発表した。同庁は「リコール製品を使い続けると危険。製品を持っていないか確認し、すぐに使用をやめてほしい」と呼びかけている。

 発表によると、100件の事故のうち92件が火災だった。昨年12月には、コロナの石油ストーブの給油タンクが原因と疑われる火災が起き、1人が死亡した。1987~2000年に製造したストーブ、ファンヒーターの給油タンクの一部で、ワンタッチ式の給油口がきちんとしまらず、引火する恐れがあることから08年にリコールを始めた。

 また、壁に設置していた洗面化粧台が倒れたり、タンスの引き出しが落下したりするなどして重傷を負った事故も8件起きている。

 事故件数が最も多かったのは、パナソニックのノートパソコン用バッテリーパックで11件。11年4月~12年9月に製造された一部の製品がリコールの対象になっている。オフィスでも火災が起きており、消費者庁は「社内でも製品を確認してほしい」と話している。リコール製品は同庁のリコール情報サイト(http://www.recall.go.jp/別ウインドウで開きます)で確認できる。