[PR]

 新潟県佐渡市の自然の中で今春生まれた国の特別天然記念物トキのひなが18日、初めて巣立った。同じ親のペアから生まれた3羽で、環境省が発表した。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、3羽はいずれも、年齢不明の自然界生まれの雄と、2年前に放鳥した4歳の雌の卵から生まれた。この日朝から、巣の近くの枝に両脚で止まっている様子が確認され、巣立ちと判断された。

 一方が自然界生まれの親鳥の卵から生まれたひなが巣立つのは3年連続。一度に同じペアから3羽が巣立つのは珍しいという。(原裕司)