[PR]

 千葉県市川市の住宅街で、家や車などがスプレーで落書きされる被害が相次いでいる。JR市川駅の半径約1キロ圏内で、この半年で約70件、被害額は少なくとも計900万円に上る。県警は器物損壊などの容疑で捜査し、住民も防犯カメラを設置するなどして被害の抑止に努めている。

 県警によると、被害が初めて確認されたのは昨年11月10日。市川駅から南に徒歩10分ほどの同市大洲の住宅街で、家の壁や塀に赤、青、黒の油性の塗料で「バカ」「アホ」「死ね」などの文字と波線のような模様が描かれていた。落書きの状態から、県警はスプレー式のペンキを吹きかけられたとみている。

 その後、昨年末までに同種の被害が47件あった。今年に入っても被害は続き、3月末までに24件確認された。家の壁だけでなく、玄関や車などにも落書きされ、修繕費が100万円を超えた家もあった。

 狙われたのは、人通りが少なく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら