[PR]

 常葉大や静岡大の教育学部の学生らでつくる団体「ペアレンツスクール」が、6月に静岡市駿河区大谷の静岡大で教育シンポジウム「大学生のそだちかた」を開く。小学生の保護者らに子育てや教育を考える際の参考にしてもらおうと、学生が自らの経験や親子関係などを紹介する。

 「ペアレンツスクール」は過去5回、教師や地域住民、保護者、学生が集まって教育課題を考える催しを開いてきた。代表の常葉大4年、中川優芽(ゆめ)さん(21)は「事前アンケートで保護者の声を聞き、関心が高いテーマを選んで語り合うことにした」と話す。

 主に静岡市内の保護者を対象に、377件の声を集計。家庭の教育方針については習い事やゲーム、学生生活については大学の講義内容やサークル、仕送りへの関心が高かったという。

 シンポ第1部では常葉大、静岡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら