[PR]

 厚生労働省は18日、C型肝炎の8種類の治療薬を発売する製薬6社に対し、併発するB型肝炎の悪化により死亡例が出たなどとして、薬の添付文書を改訂し、医療関係者に注意喚起をするよう指示した。両方の肝炎ウイルスに感染している場合、C型の治療でB型肝炎が再活性化することがあるためという。

 対象の薬は「ダクルインザ(一般名=ダクラタスビル)」「スンベプラ(アスナプレビル)」「ソバルディ(ソホスブビル)」「ハーボニー(レジパスビル・ソホスブビル)」「ヴィキラックス(オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル)」など。

 厚労省によると、昨年度までの3年間にこれらの薬を使用した患者12人について、感染していたB型肝炎により肝機能障害が起こったという。うち50代の女性が肝不全になり死亡した。

 厚労省は12人の肝障害がC型…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら