[PR]

 競売大手のクリスティーズは18日、大粒のブルーダイヤモンドがスイス・ジュネーブで競売にかけられ、約5750万ドル(約63億円)で競り落とされたと発表した。同社によると、25分ほどで競り落とされ、競売にかけられた宝飾品の落札価格としては過去最高額に達した。落札者は「民間の収集家」としか明らかにされていない。

 AP通信によると、このダイヤモンドは「オッペンハイマー・ブルー」と呼ばれる14・62カラットの逸品。ダイヤモンド生産販売会社デビアスの経営に長く携わった故フィリップ・オッペンハイマー氏がかつて所有していたことにちなんだ名前だ。ブルーダイヤモンドは希少価値が高いとされる。

 クリスティーズによると、これまでの過去最高は昨年11月に落札されたブルーダイヤで、約4600万ドル。今回は、事前想定の最高落札価格を2割以上も上回る金額だったという。(ジュネーブ=松尾一郎)

こんなニュースも