[PR]

 福島県郡山市逢瀬町河内の山林で18日、男性の遺体が見つかり、県警は19日、殺人・死体遺棄事件と断定して捜査本部を郡山北署に設置した。男性は同市大槻町の警備員岡部大樹(ひろき)さん(25)で、体に複数の傷があり、頭の外傷が致命傷と見られるという。

 県警などによると、岡部さんは15日午前、「コンビニに行く」と家族に言い残して外出。同日夕からの仕事に出勤せず、帰宅もしないため、16日午後に家族が郡山署に相談していた。17日に知人が岡部さんの車を山林で見つけ、家族に連絡。18日午前10時半ごろ、郡山北署員が車から約10メートル離れた竹やぶでうつぶせになった遺体を発見した。