[PR]

 ネット通販で日本から買い物をする中国人が増えている。経済産業省の推計によると市場規模は8千億円を超え、中国人が日本を訪れて買い物をした金額に並ぶ勢いだ。ネット上の「爆買い」に注目する中国通販最大手のアリババグループは、日本企業が同社のサイトに出店するよう積極的な勧誘を始めた。

 「中国では高い品質の商品を求めている。日本企業が多くの中国人にアクセスできるようにしたい」

 アリババグループは18日、東京都内で中国のネット通販に関するセミナーを開き、グループCEO(最高経営責任者)の張勇氏が、日本企業約200社の経営者らを前に、中国でネット通販が広がっている現状を説明。自社サイトへの出店を呼びかけた。

 アリババは2014年、中国で通販サイト「天猫国際」を開いた。それ以前は日本企業がアリババのネット通販市場に出店する場合、中国に現地法人を設けないといけなかったが、このサイトでは不要だ。

 出店料は年間数百万円。アリババが招待する法人といった要件はあるが、中国の規制に縛られず、商品を売れるようにした。

 中国市場に関心をもつ日本企業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも