[PR]

 4月から行方不明だった沖縄県うるま市の女性会社員(20)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された米国籍の米軍属、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)=同県与那原町与那原=が県警の任意の事情聴取後、自殺を図っていたことが捜査関係者への取材でわかった。多量の睡眠薬や酒を飲んだという。

 シンザト容疑者は元米兵。4月28日夜から29日未明ごろ、女性の遺体を同県恩納村安富祖の雑木林に遺棄したとして逮捕された。県警は20日午前から遺体の司法解剖をして死因の特定を進めている。県警は同日午後、シンザト容疑者を那覇地検に送検する。

 捜査関係者などによると、4月29日未明に女性の携帯電話の位置情報が途絶えたうるま市州崎の周辺を通行した車両を調べたところ、米軍関係者が使う「Yナンバー」の車が浮上。所有するシンザト容疑者から今月16日に任意で事情聴取したところ、シンザト容疑者は関与を否定したが、声が震えるなど動揺した様子だったという。

 翌17日朝、シンザト容疑者は自宅で多量の睡眠薬を飲んで救急搬送された。さらに18日にはウイスキーを瓶2本分飲み、意識がもうろうとした状態で再び救急搬送された。県警によると命に別条はなく、19日に再開した事情聴取で「女性を雑木林に捨てた」と供述し、殺害についてもほのめかしているという。

 20日に接見に訪れた弁護人は、シンザト容疑者が「16日の任意聴取以降、精神的に不安定になり、自殺しようとした」と話していることを明らかにした。

 捜査関係者によると、シンザト容疑者の乗用車内からは血痕が見つかり、女性のものと確認された。女性が行方不明になった直後には、シンザト容疑者がコンビニエンスストアで塩を買い、車に振りかける様子が防犯カメラに映っていたという。

 遺体は19日に供述通り発見されたが、女性の靴と携帯電話は見つかっておらず、県警が捜している。