[PR]

 東国三社の一つ、香取市の香取神宮には「鹿苑(しかえん)」があり、神の使いとされるシカ16頭がいる。市民団体「香取の鹿愛護会」のボランティアらが飼育し、境内の憩いの場になってきた。この6月末で廃止される予定だったが、直前に迫った先月、存続することが決まった。

 「可愛いね」。4月下旬、本殿の裏手奥にある鹿苑。参拝客が三々五々、訪れる。脇では愛護会の女性4人が、シカたちの世話をしていた。一口大に切ったニンジンをえさ場に入れると、シカたちが一斉に駆け寄ってきた。代表の鍵元礼子さん(44)=川崎市麻生区=は「目が優しく、人なつっこい。みなさん『癒やされる』と言います」。

 鹿苑は広さ約350平方メートル。放し飼いにすると近隣の畑を荒らしてしまうため、金網で囲う。愛護会には県内外の約250人が登録し、活動費を寄せるほか、うち約30人が交代で日常の世話をしている。1頭あたり1日約10キロのえさが必要といい、近隣の豆腐店からおからを、農家からは形がいびつか一部が傷んだ野菜をもらっている。

 香取神宮によると、昭和30年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース