[PR]

 認知症の人や家族、医療関係者らが集う国際会議が、4月下旬にハンガリーのブダペストで開かれました。4日間の会議日程の中で取材した参加者の思いや、各国の取り組みを報告します。

ケイト・スワッファーさんに聞く ハンガリーで国際会議

 8年前に認知症を患ったオーストラリアのケイト・スワッファーさん(57)は、会期中に何度も登壇し、自身の経験を語った。認知症に対する理解を広げたいという思いを、インタビューで聞いた。

     ◇

 《スワッファーさんが認知症と診断されたのは、2008年。その3年前に受けた脳の外科手術が原因だった》

 手術を受けたのは、フルタイムで働きながら、長男と次男を育て、大学に再び通い始めたころ。自殺を予防するためのボランティア活動もしていて、すごく充実した日々を送っていました。でも、認知症と診断を受け、1カ月半ぐらいは泣き続けました。人生が変わってしまったと思ったからです。

 《そんな考え方が前向きに変わるきっかけは、インターネットで見つけた、ある認知症の当事者の言葉だった》

 (認知症患者たちをつなげる国際組織の立ち上げに携わり、昨年亡くなった)リチャード・テイラーさんです。彼は「私たちは勇敢であるべきだ」と言っていた。そして、認知症は勇気を与えてくれるとも。彼の言葉の数々が励みになりました。彼も私と同じ、(診断後は)3週間ほど泣き続けたそうです。

 《認知症の症状は、日常の様々な場面で起きるという》

 例えば、長い単語が読めなくな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら