【動画】参院選の立候補取りやめについて記者会見する小川淳也・民進党香川県連代表と岡野朱里子県議=多知川節子撮影
[PR]

 夏の参院選の香川選挙区(改選数1)に共産党の新顔が野党統一候補として立つ方向になった。民進、共産、社民など野党4党は、32の1人区で野党共闘を進めてきたが、共産系が統一候補となるのは初めて。一夜にして注目区となったが、民進党などには戸惑いがみられる。一方、与党側は「野合批判」を強め、気勢をあげている。

 「ひとつ読み違いがあったとしたら、共産党中央の意向が日々刻々と硬化していったことだ。精いっぱい、ことを丁寧に運んだつもりだが」

 民進県連代表の小川淳也衆院議員は20日、高松市内での会見でこう語った。民進と社民が推薦する予定だった岡野朱里子県議(42)の立候補辞退を正式に発表したが、悔しさをにじませた。

 民進の対応は二転三転した。当初は同党の候補擁立をめざしたが、難航。4月には共産公認の党県常任委員、田辺健一氏(34)を統一候補にする方向で調整に入った。しかし、岡野氏が4月下旬に立候補を表明すると、岡野氏での一本化に傾いた。

 民進県連の関係者によると、県レベルでは、共産から岡野氏への支援が得られる感触があったという。しかし、全国で野党統一候補の擁立が進む中、共産系が皆無なことに共産党中央が態度を硬化。小池晃書記局長は5月16日、国会での記者会見で「田辺候補を野党統一候補にすることを実現したい」と明言していた。その後の党中央の水面下の折衝で、岡野氏が降りることになった。

 共産の志位和夫委員長は20日の会見で「(共産の統一候補が)1カ所でもできると、野党共闘全体の結束度が一段と高まることは間違いない」と強調した。

 しかし、小川氏は20日の会見で、田辺氏への支援について「現時点では白紙。積極的な連携ができるかは今後の調整、協議に委ねる」と述べるにとどめた。岡野氏を支援する予定だった無所属の県議も「困惑している。ポスターを貼って、事務所の準備をして、一生懸命やってきた人たちはショックだ」、社民党県議も「うちの支援者は『共産党で選挙しなくてすむ』と喜んでいたのに」と漏らす。

 一方、野党が共産新顔に候補者を一本化することについて、現職の磯崎仁彦氏(58)の再選を目指す自民党の県議は「野合というのがわかりやすくなる。我々としては戦いやすい」と語る。磯崎氏を推薦する公明党県本部は「野合集団ここに極まる」との談話を発表した。

関連ニュース