[PR]

 政府・与党は夏の参院選日程について、7月10日投開票とする方針を固めた。公示日は6月22日とする方向で最終調整している。選挙期間は通常17日間だが、6月23日は沖縄の戦没者を悼む「慰霊の日」と重なるため、公示日は1日前倒しする方向だ。

 政府・与党は参院選の日程について、改正公職選挙法の施行で「18歳選挙権」が適用される6月19日以降を公示日とする日程で検討してきた。改選を迎える参院議員の任期は7月25日まで。投開票日は7月10日、17日、24日のいずれかが選択肢となり、このうち投票率が下がる恐れがある連休中や夏休み中を避けるため7月10日に絞り込んだ。

 参院選の選挙期間は通常17日間で、7月10日投開票なら公示日は6月23日となる。ただ、この日は沖縄「慰霊の日」で、島尻安伊子沖縄・北方担当相が「沖縄にとって鎮魂の一日。公示にはなじまない」と述べるなど慎重な対応を求める声が上がっていた。参院選日程が新たな混乱要因となることを避けるため、政府・与党は1日前倒しして6月22日とする方向だ。