[PR]

 ロシアのプーチン大統領が20日、今後の日本との平和条約交渉の中で北方領土問題を話し合う考えを明言した。ロシアでは昨年来、「日本側といかなる交渉も行わない」(モルグロフ外務次官)、「平和条約と領土問題解決は同義ではない」(ラブロフ外相)という発言が相次いでいたが、大統領自ら柔軟姿勢を示した。

 プーチン氏は記者会見で日ロ関係について聞かれ、「我々は日本などすべてのパートナーと対話を行いたい。その中には平和条約締結問題も含まれるし、その文脈の中で領土問題も話し合われる」と表明した。

 また、「あらゆる分野、経済も人的交流もスポーツも平和条約も話し合う。それらを互いに関連づけることはしない」とも述べ、領土問題の進展とは関係なく経済分野の協力を進めたい考えを示した。(モスクワ=駒木明義