[PR]

(21日、大相撲夏場所14日目)

 千代の国がトップで並んでいた佐藤との直接対決を制し、十両優勝に前進した。両手で突き放してから「流れで出た」と右から強烈な張り手。ぐらついた相手に立て直す間を与えず突き出した。新十両の佐藤の快進撃に「自分も頑張ろうという気になった」と刺激を受けたという。

 来場所の約2年ぶりの幕内復帰が見えつつある。「戻ってきた感覚はあるか」との問いには、「元々そんなに強くないので……。体は動いています」と謙遜した。

こんなニュースも