[PR]

 お産は何が起きるかわからない。「妊娠と出産についてダンナにも知識を持ってもらわんと」

 週刊「モーニング」に連載中の漫画「コウノドリ」は妊婦と赤ちゃんの命の瀬戸際の医療を描いている。主人公の鴻鳥(こうのとり)サクラは産科医でジャズピアニスト。綾野剛さん主演のテレビドラマにもなって話題をよんだ。そのモデルだ。

 大阪府南部のりんくう総合医療センターの産婦人科部長である。漫画家鈴ノ木ユウさんの妻のお産を担当したのが縁だった。

 交通事故で心停止になった妊婦が帝王切開で命を生み出す話、死産に向きあい、もがく夫婦に医師らが寄り添う話。漫画は実際の話をもとにしている。

 扱った3千件のお産では、妊婦や赤ちゃんを助けられなかったこともある。死んでいった子のことを忘れたら、あかん。そんな思いを重ね、お産に向かう。そこには「命の再生産の現場に立ちあわせてもらっている」喜びがある。

 大阪市に生まれ、香川医科大を卒業し、大阪大学病院の産科チーフを務めた。父も産科医でこの道は厳しいと反対された。4歳から習うピアノは玄人はだしで、ジャズライブを3カ月に1回開く。

 漫画では助産師や救命救急科医らと共に粘り強く闘う鴻鳥先生。「漫画で医師の姿が伝わるとうれしい。おなかの赤ちゃんの通訳をする代理人でいたいと思う」

文・河合真美江 写真・内田光

<アピタル:ニュース・フォーカス・ひと>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/