[PR]

 日本列島は23日、広く高気圧に覆われ、各地で気温が上がった。東京都心では、正午に7月下旬並みとなる30・5度を記録し、今年初めての真夏日となった。気象庁は「こまめに水分をとって、熱中症に注意してほしい」と呼びかけている。

 気象庁によると、23日午後0時40分現在、大分県日田市で33・3度、群馬県桐生市で33・1度、埼玉県秩父市で32・6度を観測。

 京都府では日中に最高気温が35度を超えるところがあるとして、高温注意情報を出した。ほかに岐阜市で33度、前橋市や福島市で32度を予想している。前日に真夏日の地点が相次いだ北海道では、暑さがいくらか和らぎそうだという。

 24日は気圧の谷が通過する影響で全国的に雲が広がり、九州を中心に雨が降るとみられる。