[PR]

 東京都心で今年初の真夏日となった23日、各地で強い日差しが照りつけた。紫外線が気になる季節の到来だ。メーカー各社は夏本番に向け、汗で効果が高まるなどの新機能を採用した商品を投入している。

 コーセーが売り出したのは、日焼け止めブランド「スポーツ ビューティ」の商品。激しい運動をしても、体の動きとともに日焼け止めの膜が肌にフィットする成分を採用。汗をかいても紫外線カットの効果を持続させる機能も備えた。その名の通り、スポーツ好きの人たちを中心に販売を強化していくという。

 資生堂は、日焼け止めの人気ブランド「アネッサ」に、「汗を味方に」とうたった新技術で6商品を投入。汗をかくと日焼け止めの効果が薄れるというこれまでの常識を塗り替え、汗が加わることで日焼け止めの成分が均一に広がる仕組みで、防御効果を2割高めることができたという。

 開発担当者は「汗をかいてもセットがくずれない整髪剤の技術を応用した」と話す。汗や水に弱い、という日焼け止めのイメージを払拭(ふっしょく)したい考えだ。

 経済産業省によると、2015年の日焼け止めの出荷額は約500億円で、10年前の約2倍に増えた。一般的に日焼け防止の「効き目」を示す数値として、紫外線の波長ごとに「SPF」や「PA」がある。かつては各社はこの数値を高めようと競ったが、高いほどベタつきやすいなどの課題もあった。最近は最高値でも、つけ心地のよい商品を増やしている。

 日焼け止めの進化は大人向けだけではない。花王は子ども向けに新商品「ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク」を売り出した。同社の調べによると、小学生以下の子どもに日焼け止めを日常的に使う世帯の割合は、07年の13%から14年は21%に増加。「女性向けの市場が頭打ちのなかで、ターゲットを外遊びなど紫外線を浴びる機会が多い子どもに広げた」と担当者は話す。紫外線を吸収する成分が肌に直接触れないように小さなカプセルに包む新しい技術を使い、子どもの肌への影響を気にする保護者らにPRしている。(西尾邦明)

     ◇

 コーセーの「スポーツ ビューティ UVウェア スーパーハード」は、強い紫外線下やスポーツなどの過酷な場面でも、水や汗、体の動きに強い「落ちない日やけ止め」設計。50ml入りで、参考小売価格は税込み2160円。

     ◇

 資生堂の「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター」は、汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる新技術「アクアブースター技術」を採用。60ml入りで、参考小売価格は税込み3240円。

     ◇

 花王の「ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク」は、子ども向け。紫外線吸収剤が直接に肌に触れないように工夫して安心感を高めたほか、洗顔料などで簡単に落とすことができるのも特徴。90gで想定価格は税込み800円前後。

こんなニュースも