[PR]

 代金を払わずに宿泊施設に10連泊したとして、福岡県警は23日、住所不定無職の男(41)と妻(35)を詐欺(無銭宿泊)の疑いで逮捕した。救急車を呼んで逃げようとしていたとみられ、不審に思った従業員が通報した。

 東署などによると、夫婦は13日夕~23日未明、福岡市東区勝馬の「休暇村志賀島」に0歳の子どもと泊まり、計22万1450円相当の飲食代や宿泊代を払わなかった疑いがある。いずれも「後で支払うつもりだった」などと容疑を否認しているという。2人の所持金は計数十円だった。

 「具合が悪い」と訴え、23日未明、従業員に119番通報で呼んでもらった救急車に荷物をまとめて乗り込もうとしたため、不審に思った施設側が警察に通報した。