天皇、皇后両陛下は24日、皇居・御所で、主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)のために来日しているカナダのトルドー首相夫妻と会見した。

 宮内庁によると、トルドー首相が「各国首脳と様々な問題を議論できることを楽しみにしています」と話すと、天皇陛下は「サミットで実りある議論がなされることを願っています」と述べたという。

 カナダには多くの日本人が移民し、戦時中は収容所に送られるなどの苦労があった。天皇陛下は2009年のカナダ訪問に触れ「日系人の人たちが幸せに暮らしていることをうれしく思います」と述べると、トルドー首相は「(日系人は)カナダの発展のために貢献されています」と話した。

関連ニュース