[PR]

 サッカー四国リーグ・FC今治の本拠となるサッカー場が24日、今治市高橋ふれあいの丘の市有地で着工された。元日本代表監督の岡田武史オーナーは「完成したら、満員の観衆のもと、最高のプレーをしたい」と語った。来年夏の完成を見込む。

 サッカー場は「今治スタジアム」(仮称)。ピッチは天然芝で、約5千人収容の規模。J3のスタジアムの要件を満たすという。サッカー専用のため、スタンドからピッチまでの距離が近く、観戦しやすいという。

 市は建設予定地(約2万平方メートル)をFC今治の運営会社「今治.夢スポーツ」に無償で貸与。スタジアムは、FC今治の株主で支援会社の「ありがとうサービス」(今治市、井本雅之社長)が建設し、貸与する。総事業費は約3億円。

 起工式には岡田オーナーら約50人が出席。岡田オーナーは「完成時はJFLに昇格したうえで、初試合を迎えたい。サッカー場周辺が今治市民の集う場となればうれしい」と話した。(直井政夫)