[PR]

 席につくと、ステージがよく見えない――。今月開館した長野市芸術館には、いわくつきの席がある。「見えない席」も芸術なの?

 「世界と長野市を芸術で結ぶ」

 長野市がそうアピールする市芸術館は、世界的建築家の槇(まき)文彦氏が設計した。芸術監督は県ゆかりの作曲家・久石譲氏。計1292席のメインホールで8日にあったこけら落とし公演は満席だった。

 ところがこのホール、開館までトラブル続きだった。

 昨年12月上旬。建物の引き渡しを受けた市の担当者がメインホールを確認したところ、2階の左右両端付近の席でステージの一部が見えない「見切れ席」が約90席あることが判明。席の前にある転落防止用の壁が視界を遮り、ステージの約4割しか見えない席もあった。槇氏側は設計ミスを認め、改修費を全額負担した。

 市は年明けから座席のかさ上げ工事に入り、見切れ席と周辺の計218席の下に、高さ18~26センチの金属製の土台を入れた。視界は2~3割向上したが、ステージの3割以上が見えない席も16席残った。市は「安全や使い勝手など総合的に考えると、現状が最良」と説明する。

 芸術館を管理する市文化芸術振興財団の横山暁事務局長(54)は「見える見えないだけでなく、ホール全体の雰囲気や生演奏の臨場感を感じてほしい」。公演内容により、見切れ席だけ安く売ることも検討している。

 波紋を呼んだ「見切れ席」。実はクラシック音楽の本場・欧州では珍しいことではない。

 客席の真ん中に柱があって舞台…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら