[PR]

 米国の事業会社では、シリコンバレーのIT企業の現金保有額が多いことが、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスの調査でわかった。上位5社が全体の約3割を占めるという。

 1位はアップルで、保有する現金は2015年末時点で約2160億ドル(約23兆7600億円)。2位のマイクロソフトは1030億ドル(約11兆3300億円)、3位のグーグルは730億ドル(約8兆300億円)。さらにシスコシステムズ、オラクルとシリコンバレー企業が続く。ムーディーズが格付けしている事業会社の現金総額のうち、IT企業の保有分は46%。

 また、ムーディーズは米国の事業会社の現金など流動資産の72%にあたる1兆2千億ドル(約130兆円)が海外にあると試算。「税制が改正されない限り、この額は増え続けるだろう」と予測している。(サンフランシスコ=宮地ゆう)

こんなニュースも