[PR]

 元同僚の女性宅のドアの鍵穴に接着剤のようなものを詰めたとして、神奈川県警は24日、同県平塚市虹ケ浜、防衛省職員の松田満彦容疑者(55)を建造物損壊の疑いで逮捕し、発表した。「私は何もしていません」と容疑を否認しているという。

 南署によると、松田容疑者は茨城県土浦市の霞ケ浦駐屯地に勤務。10日午前7時半ごろから午後7時50分ごろまでの間に、元同僚の20代女性の住む横浜市南区のアパート一室のドアの鍵穴に接着剤のようなものを注入し、ドアを開けられないようにした疑いがある。