[PR]

 北海道夕張市の特産で赤肉メロンの有名ブランド「夕張メロン」が25日、初出荷された。今年は降雪量が少なく、土壌の水分管理がうまくいったため、品質も収穫量も期待できるという。出荷は7月ごろにピークを迎える。

 同市滝ノ上の永沼哲明さん(42)のビニールハウスでは、この日午前8時半に収穫作業を開始。約70玉が26日に初競りがある札幌市へ出荷された。

 夕張市は来月、財政破綻(はたん)から10年の節目を迎える。夕張メロンは昨年、地域ならではの農産物や食品のブランドを守る国の「地理的表示保護制度」(GI制度)に登録された。永沼さんは「さらに良いメロンを作って期待に応えたい」と話した。