[PR]

 「このところハートウォーミングな作品が相次いだせいか善人イメージが定着しかかって……。でも俺はそんな単純な人間じゃないし」というわけで吉田恵輔監督の日活映画「ヒメアノ~ル」(TOHOシネマズ名古屋ベイシティほかで公開中)が生まれた。

 古谷実の同名漫画を大胆に脚色した99分。女性と口をきくのが苦手な青年たちが繰り広げる情けない恋愛ドラマが中盤に一転する。後半は「ありがちなアクションシーンにならないように、とにかく生々しくリアルに撮ることにこだわった」という残酷シーンの連続だ。

 映倫のレーティングは〈R15+〉。素人目には、18歳以上がふさわしい〈R18+〉あたりが妥当かとも思うのだが、「R18に指定されたらそれだけ客が限定されてしまう。R15でおさまるぎりぎりの映像をねらった」と吉田監督。男女の体の重なり方、凶器の動きは刺さる寸前まで、血の色は……などなど多くの条件を勘案し、計算ずくのR15映像を仕立てた。

 「ここまで演(や)るのか、み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも