【動画】京丹後市丹後町で始まった「ライドシェア」=寺脇毅撮影
[PR]

 タクシーのない地方でも市民がすぐに使える移動手段として26日、京丹後市丹後町で新たな輸送サービス「ささえ合い交通」が始まった。利用者から依頼を受けた一般のドライバーが、マイカーで有料で客を運ぶ「ライドシェア(相乗り)」という仕組みは、定着するのか。

 予約制の市営デマンドバスを受託しているNPO法人「気張る!ふるさと丹後町」が、さらに地域交通を充実させようと、米国の配車サービス会社「ウーバー」の情報通信技術(ICT)を使って運行。利用者はスマートフォンやタブレット端末でウーバーのアプリを使い、自分のいる場所と行きたい場所を入力して配車を依頼すると、登録している市民ドライバーが迎えに来る仕組みだ。

 運行区域は京丹後市内で、利用者は旧丹後町内で乗車する。料金は初乗り1・5キロまで480円、それ以上は1キロで120円が加算される。事前に登録されたクレジットカードで決済され、車内での現金のやりとりはない。旧丹後町内に住む55~68歳の18人がドライバーに登録し、毎日午前8時~午後8時の間、依頼があった際に運行する。

 京丹後市丹後町間人の同市役所…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース