[PR]

 オレンジ色の果肉が鮮やかな北海道夕張市特産の夕張メロンの初競りが26日、札幌市中央卸売市場であった。最高値は1箱(2玉)300万円で、これまで最も高かった2008年と14年の250万円を上回った。今年は天候に恵まれ、糖度が高いという。

 地域ブランドを守る国の「地理的表示保護制度」(GI制度)に登録されて最初の競り。午前7時に競りが始まると、いきなり「300万円」の声が上がり、ざわめいた。落札した兵庫県尼崎市の食品スーパー「くらし快援隊」のバイヤー小西幸丸さん(36)は「これまでネット販売で夕張メロンを扱ってきた。今回は恩返しのつもりで高値をつけました」。競り落としたメロンはネットオークションで販売するという。

 夕張市は財政破綻(はたん)から10年を迎える。駆けつけた鈴木直道市長は「『夕張、頑張れ』という思いで評価いただいたと思う。それにしても300万円とは……。伊勢志摩サミットに集まった世界のリーダーにもこのニュースが届くのでは」と話していた。(秋野禎木)