[PR]

 伊勢志摩サミットに参加するため、26日朝に中部空港(愛知県常滑市)に到着した伊、独、仏の3首脳は、主会場の賢島(かしこじま)がある三重県の伊勢志摩地域へ陸路で移動した。悪天候のため、予定していた自衛隊ヘリが使えず、150キロ以上の距離を車で一気に移動する事態となった。

 レンツィ伊首相が空港に着いた午前5時ごろ、天気は曇りだったが、愛知県警によると、「天候悪化」を理由にヘリでの移動はできなかったという。首相は駐機場から車に乗り込み、パトカーや白バイに先導されて空港を出発した。

 その後、空港に着いたメルケル独首相、オランド仏大統領も、飛行機を降りるとすぐに車へ。午前8時45分ごろに空港を出発したオランド大統領は、約2時間後に伊勢神宮に到着した。

 三重県への経路にあたる高速道路は軒並み、一時通行止めに。サービスエリア(SA)でも警察官が早く先に移動するよう利用者に促し、駐車場は空になったという。伊勢自動車道・安濃SA(津市)の従業員は「客はいなくなったけど、閉めるわけにもいかず営業してました」と話した。