[PR]

 先日、ベトナムを訪れたオバマ米大統領の人気はすごかった。行く先々で携帯で写真を撮る人たちに囲まれる。300万人もの犠牲を出したベトナム戦争の敵国は、戦後41年を経て、憧れの対象に変わっていた。

 「あの女性はどうしているだろう」。かつてサイゴンと呼ばれたホーチミンで熱狂ぶりを取材中、気になって市内の病院を訪ねた。チャン・ティ・ホアンさん(29)。戦争中に両親が、米軍がまいた枯れ葉剤を浴びた。有毒なダイオキシンの影響で、ホアンさんは左手と両足がない状態で生まれた。英語とITを勉強して病院の職員となり、この日も元気に働いていた。

 ホアンさんは7年前、オバマ氏に「私たちのことも忘れないで」と手紙を書いた。米政府は枯れ葉剤の健康被害の責任を認めていないが、「すべての子に教育を」と語るオバマ氏なら貧しい被害者を助けてくれると思ったからだ。

 返事はなか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース