[PR]

 主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)は、ホスト国による食のおもてなしも注目点だ。伊勢志摩サミットでは、松阪牛や伊勢エビ、ハマグリなど、開催地・三重県を代表する山海の食材をふんだんに使った料理が披露された。

 26日の昼食には、松阪牛のヒレ肉をあぶった握りずし、伊勢マグロや志摩産のタイの刺し身、桑名産のハマグリで仕立てた吸い物などが振る舞われた。乾杯酒は三重県鈴鹿市の純米大吟醸「作(ざく)」(清水清三郎商店)が出された。同県産の日本酒のほか、国内産のブドウだけで仕込んだ日本ワインも供された。

 日本政府関係者によると、メル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら