[PR]

 TBSは27日、バラエティー特番「お見合い大作戦!」の番組出演の応募者115人分の個人情報を、社外のメールアドレスに誤送信したと発表した。同日までに全員に事情を説明し、謝罪したという。

 同社によると、誤送信したメールには115人分の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなど、応募に必要なプロフィルが記載されていた。番組スタッフの手違いが原因で、同社広報部は「社内教育並びに管理体制の強化に努め、再発防止に取り組んでまいります」とコメントした。