[PR]

 愛知県清須市のスーパー「コンツネ二ツ杁(ふたついり)店」で、賞味期限を約3年過ぎたマーガリンなどが見つかった。愛知県警が27日発表した。店の防犯カメラには不審な中年女性が映っていたという。県警は偽計業務妨害事件として調べている。

 西枇杷島署によると、2013年7月28日が賞味期限のマーガリン六つと、2008年12月6日が賞味期限の小麦粉五つが見つかった。店によると、防犯カメラに自転車で来店した女性がマーガリンと小麦粉を置いている姿が映っていた。賞味期限切れのマーガリン二つと小麦粉一つが、販売されてしまった可能性があるという。