[PR]

 歌手の岸谷香さん(49)は、ボーカルを務めていたバンド「プリンセス プリンセス」解散後、10年ほど子育て中心の生活を過ごしました。5月にソロアルバムを出すなど本格的に仕事を再開。働き方や気持ちをどう切り替えてきたのか聞きました。

 「プリンセス プリンセス」として1986年にデビューし、女性だけのバンドとして初の日本武道館公演をするなど大活躍した。29歳だった96年に解散、結婚。ソロ活動を始め、34歳で長男、36歳で長女を出産した。「仕事どころじゃなくなっちゃって」。毎日公園に行ったり、金魚の水替えに悪戦苦闘したり。潮干狩りや米作り体験にも出かけた。「とにかく一生懸命でした」。もう仕事に戻らなくてもいいと思っていた。

3・11で自問

 そんな思いは、2011年3月11日を境に変わる。

 東日本大震災の激しい揺れが襲ったとき、東京の自宅に息子といたが、小学1年だった娘は下校中で1人で電車に乗っていた。携帯電話が一度だけつながって居場所がわかったが、顔を見るまで「口の中の水分がゼロ」に。たまたま自分は事なきを得たけれど、今までの生活に戻れなかった人がどれだけいるんだろう。私にできることは。

 復興支援を目的に、1年間限定の再結成を決めた。「できることがある人は、やらなきゃいけないよね」。子どもも納得してくれた。練習やリハーサルが始まり、子どもは習い事の行き帰りや用意も1人でするようになった。

 16年ぶりの再結成となった2012年。仙台でのライブのため4日間、家を空けた。これだけ留守にするのは初めてだ。でも、ママ友や家族たちの助けを借りて何とかなった。大みそかは紅白歌合戦に出場し、「やりきった!」。

 息子の中学受験に向けて仕事を抑え、受験生の親モードで過ごした。「去年はよく笑顔だったなあ」。この生活も楽しいけれど。「仕事があったからだ。音楽なしでも大丈夫と思っていたのに、やっぱりキラキラしてたなあ」

「浦島太郎ってこのことだ」

 受験が終わるとすぐ、ソロアルバム作りに動き出す。そこで驚いた。10年以上離れている間に、録音方法など環境が大きく変わっていたのだ。「浦島太郎ってこのことだ、もうさっぱりわかんない」

 若いスタッフの意見を聞いてみ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら