[PR]

 東京・羽田空港で離陸しようとした大韓航空機(乗員乗客計319人)のエンジンから出火したトラブルで、エンジンに外部から鳥などが入り込んだ跡はなく、内部の壊れ方が激しいことが28日、国の運輸安全委員会の調査でわかった。エンジン内部で何らかの異常が起きた可能性もあるとみて、委員会が原因を調べる。

 委員会が派遣した航空事故調査官はこの日、内視鏡のような機器を使って、出火した左エンジンの内部を調べた。谷口岳史・統括航空事故調査官によると、内部の燃焼室の後ろにある、タービンブレード数十枚が根元から折れていたという。それらが外側のカバーを突き破ったり、カバー自体を脱落させたりしたとみられるという。滑走路にはブレードやカバーが落ちていた。

 一方、エンジン前方の空気を取り込む部分にあるファンブレードには損傷がなく、鳥が入り込んだ跡もなかった。谷口調査官は「なぜ(エンジン)内部で破損が起きたのか、今後はメーカーの技術者の協力を得て調べていく」と話した。

 羽田空港は28日、トラブルから一夜明け、一部に欠航などの影響が残ったが、ほぼ通常通りの運航に戻った。