[PR]

 リオデジャネイロ五輪・パラリンピックの開幕を控えて、各国の代表選手の公式ユニホームが続々と発表されている。なかでも「ファッション先進国」と言われる国々は人気デザイナーや注目ブランドを起用。機能性はもちろん、それぞれの国の誇りをスタイリッシュに表したデザインの競演も見ものになりそうだ。

 イタリアチームの開会式と、競技用以外のユニホームを手掛けるのは、大御所ジョルジオ・アルマーニ。同社のスポーツウェアブランド「EA7」が担当する。

 ポロシャツやジャージーの上下は、アルマーニ本人が好きな色でもある濃紺や白地で、背に国旗の3色のマークと金色の国名「ITALIA」が映える。ポロシャツなどの立ち襟の裏には国歌からの「イタリアの兄弟」の文字が添えられている。アルマーニの「どんな状況にあっても、最大限にリラックスできて動きやすく、しかも美しい服で、選手たちを支えたい」との思いが込められている。

 英国の競技用ウェアを含めた一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら