[PR]

 難病の「肺静脈狭窄(きょうさく)に伴う重症の肺高血圧」を患う金田涼香(すずか)ちゃん(1歳6カ月)=吹田市=の両親らが30日、米国での肺移植を目指して募金活動を始めた。双子の妹の清香(さやか)ちゃん(当時11カ月)が同じ病気で亡くなっており、父親の誠博さん(31)は府庁での記者会見で「清香に見せられなかった世界を、涼香に見せてやりたい」と支援を呼びかけた。

 主治医の国立循環器病研究センターの岩朝(いわさ)徹医師によると、国内での乳幼児の移植例がない病気で、米国の小児病院が受け入れを内諾しているという。手術費用や医療機器を備えたチャーター機での渡航費用などに必要な3億1千万円が目標額だ。問い合わせは、すずかちゃんを救う会(06・6875・3222=午前10時~午後3時)。(上田真由美)