[PR]

 民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの野党4党は30日、国会内で党首会談を開き、内閣不信任決議案を31日に衆院に提出することで合意した。与党側は不信任案が提出されれば、同日中に否決する構えだ。

 野党4党は提出理由について、安全保障法制を強行成立させ、憲法改悪を推し進めている▽アベノミクスの失敗▽国民の声に耳を傾けない強権的な政治――の3点を挙げた。民進の岡田克也代表は会談後、「消費税の引き上げ延期は、アベノミクスの失敗以外の何ものでもない」と語った。