[PR]

 「こんなに採算が厳しい状況なら2千人減らさないといけない。希望退職なんて甘いことは言っていられない」

 シャープの液晶パネルをつくる亀山工場(三重県亀山市)で、鴻海(ホンハイ)精密工業会長、郭台銘は4月下旬、集まった社員らを前に言い放った。鴻海はシャープを買収する台湾の巨大企業で、郭は創業者だ。買収契約を結んだ4月2日の会見では従業員について聞かれると、「なるべく全員残ってもらえるようにしたい」と話していた。1カ月もたたないうちに、発言は大きく変わった。

 郭の意向に沿うかのように、シャープは人員を減らそうとしている。削減数は国内で2千人ほど、海外を含めれば全社員の15%程度の7千人ほどになる可能性がある。シャープは鴻海との交渉で雇用の原則維持にこだわり、鴻海との合意文書にも盛り込まれたが「空文化」した。

 郭は5月12日付でシャープ社員に文書を送った。真剣に経営状況を見た結果として、「やはり人員の削減はすべきであると考えています」と明記した。

 20年以上働く家電部門の男性は言う。「雇用を守るなんて最初から信じていなかった」

 矢継ぎ早に判断を示す郭にシャ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも