[PR]

 新潟県佐渡市の自然の中で生まれ育った国の特別天然記念物トキの雄と雌のペアから生まれたひな2羽が巣立ちした。環境省が1日、発表した。ともに自然の中で生まれ育った親鳥から誕生したひなの巣立ちは42年ぶり。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、トキは両脚が巣から離れたことが確認されれば、巣立ちと判断される。

 日本産のトキは2003年に一度絶滅したが、中国から送られたトキの人工繁殖に成功。08年から毎年佐渡で放鳥を繰り返し、12年、佐渡の自然の中で放鳥したトキからひなが初めて生まれた。(原裕司)